生きていれば
(株)Mプランニング社長のブログ
プロフィール

エムプラ

Author:エムプラ
講師紹介/企画・編集・執筆依頼(株)Mプランニング 代表取締役 藤本美郷のブログ *佐野有美をプロデュース【障害者のバリアフリー・就職相談/出版企画アドバイザー】○講師になりたい!本を出したいという方、お気軽にどうぞ♪    www.m-plan.net 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜前線
こんにちは

各地でいよいよ桜が開花しましたね
東京もこの土日はきっとお花見日和になるでしょうね

3月は年度末ということもあり何かとバタバタしているうちに残すところあと3日!
えっ、もう??っていう感じです(~_~)


            



今月の佐野有美の動きとしては、講演が5回ほどありました。
実は2月から3月にかけて、彼女のお姉さんの結婚式をはじめお友達の結婚式ラッシュで
土日を講演会にあてることができませんでした。



思い返せば、ん十年前(記憶も薄れるくらい大昔ー笑)
自分も23歳から24歳にかけて結婚式ラッシュだったなぁ~
結婚式は嬉しいけれどお祝い、二次会の会費、他にもプレゼントをあげたり、
ドレスを新調したり美容室に行ったり、結婚式は嬉しいけれど結婚式貧乏に
なってた、そんなことを思い出しました
今じゃ、冠婚葬祭でもお別れのほうが多くって(苦笑)



貧乏だろうが、何だろうがやっぱりお祝いはいいわ~(^v^)
この年齢になるとお祝いっていっても結婚式じゃなくて
親の喜寿やら、身内の米寿やらですね
でもうっかりしてると自分の還暦祝いが近づいてきちゃったり(苦笑)


やっぱり結婚式は人生のスタートでもあるし
華やかでいいですね






話が脱線したけれど、今月、歌のご依頼があったのは
三重県松阪市役所・松阪市障がい者地域生活支援啓発事業「ともに生きるつどい」で
トーク&コンサート、こうべユニバーサルデザインフェアでした。
コンサートなどで歌う場面が多く本人は少々緊張していました



とはいえ、ステージに上がると、本来の笑顔が戻り、
お客様とのフリートーク的なところが驚くほど上手になり、
会場をいい雰囲気にすることができていました♪



歌はまだ講演に比べて場数がそれほど多くないこともあり
どうしてもリハーサルではカチコチに緊張してしまうのですが、
本番では会場の皆さんの手拍子に後押しされるよう
声に伸びも張りも出てきて、いい緊張感の中で歌唱することができました




今月は続けて2回歌唱がありましたが、どちらの会場でも歌を聴いた方がハンカチで涙を拭う姿が見られました。
歌で人の心を動かすというのは、非常に難しいことです。
もちろん彼女の詩はメッセージ性の高い歌なので心に響く歌詞には違いありませんが、
本人が懸命に歌っている姿と歌声は言葉ではいい表せない感動があると思います。




生きていればあらゆる困難が待ち受けています。
皆、そのような局面を切り抜けてきたからこそ、(または真っ最中だからこそ)
彼女の笑顔の裏にある困難や努力をおもんばかって
その歌声に涙を流されるのでしょう。

 

ご来場くださった皆さんにとっても楽しくていい時間になったようで
こちらも嬉しかったです(*^^)v



時間が許せば、各会場でのオフショットなどもアップしたいと思います☆


※CDがご好評で売れ切れでした。
CDをご所望された方にその場でお渡しできなかったのは残念ですが、
皆様には佐野有美サインカードを付けてすでに発送させていただきました。
(本来サインカードは弊社のHPからご注文の方に限っています。
数に限りのあるものなのでお得なんですよー♪)




有美の3月講演は明日が最終、今年度最後となります。
ではでは、張り切って行きましょー♪



【情報です】
明日、3月29日(土)は三重県桑名市精義地区社会福祉協議会「支え合い町づくり講演会」 
会場:桑名市総合福祉会館 14:00~ 地域住民一般300名
とても暖かくなりそうです。お近くの方はお花見を兼ねてでもいいので
ぜひ有美に会いにきてください(*^^)v





スポンサーサイト
3月8日講演会(新大阪 stand sasha昼食編)

3月8日土曜日は大阪信用金庫様からご依頼の講演会がありました。
講師は佐野有美です。

有美とは名古屋で合流し、名古屋でピューッと新大阪へ


前回の講演会から少し間が空いたので、
その間の出来事(有美の姉の結婚式)の話
盛り上がっていたら50分があっという間で
慌てて降りる支度をして下車



午後からの講演会なので新大阪で昼食

有美と私はゴハンという言葉で元気が出ます(笑)

有美
どこ行きます

有美ちゃんの好きなとこでいいよ!!
あっ、そうだ!!あの美味しかったあそこ、行こうか
有美
あのドリアの美味しいとこですね♪やったー


ちなみに私はあそこ、ここ、それ、あれという指示語が多いのだけれど、
有美を始め周りのみんなすぐにわかってくれるのでありがたい(苦笑)



でも、有美と私が好きなレストラン……どこだったかなぁ
ええと、たこ焼き屋さんの手前で……新大阪何度も来ている割に覚えていないのよね(苦笑)




しっかり者のマネージャーにお任せしよう、という事になり1階へ



ちょっと話は飛ぶけれど
新大阪のエレベーターってすごく厄介で
いつも使うエレベータが1階から4階までで、途中の階から乗ろうとすると
満員で乗れずに、1回、2回と待ってようやく乗れるので
なかなか新幹線の改札に行けない



どうしても乗れないときは一度下に乗り込んで下からまた上に行くって、
たまにやる手を使います


でも、ここの場合、上からもたくさん人が乗ってくるから下にも行けない
そして一基しかないという不便さ


一度なんてエレベーターになかなか乗れないままで、あと3分
新幹線改札手前で発車まであと2分(ゲッ
案内をしてくれる駅員さんと猛ダッシュ



ギリギリセーフでなんとか間に合いましたが生きた心地がしなかった
(一人が先に改札で介助のお願いをしていたから間に合ったものの)



そんな思い出のエレベーターに乗って1階に


ん?いつもと風景が違うような……
1階はほとんど来たことがなかったけれど居酒屋さんや喫茶店がたくさんあって
どのお店もランチをやってるじゃないの



有美・私
わーどこに入る??



和食もいいし、ハンバーグも美味しそう♪
ずんずん奥に行って一番奥のお店
あっ、ここ、ここ!! 美味しそうじゃない♪

P1014545.jpg


P1014546.jpg



stand Sasha
*他の口コミにちょうどいい写真がありました!(慌てて食べちゃって写真撮らなかったので)

stand バーなんだ、だからなんかお洒落なのね☆



1時間弱なのでソッコーで決めて
中に入ろうとすると……


んん?カウンターのみ?
狭いから無理かな……


と言いつつ、車椅子でもなんとか入れそうなのでお店の男性に



椅子動かしていいですか?



と尋ねると、ニコニコしながら




ええ、もちろん! 大丈夫ですか?



ちょうど端のドアから入ってすぐだったので
角の椅子をうんしょうんしょと横にスライドさせて
車椅子のスペースを確保


すっぽり納まった(^^)


有美は自分で食べるから高さが問題



高さ大丈夫?
ちょうどいいですぅ


車椅子に昇降機能がついてるとこういう時に便利よね



荷物を置いたりゴソゴソしてるとお店の男性が
すぐにカウンターから出てきてくれて



1つ椅子どかしますね(^^)



そうそう、椅子がずらっとしてて
座りずらいものね



有美と一緒に食事をするときには
まずは車椅子が入れるか、
そして入れたらテーブルの高さが合うか、
他のお客さんや店員さんの仕事の邪魔にならないか


また、ソファーや椅子に移って座って食べるならば
降りた車椅子を置くスペースがあるか
置いてあって邪魔にならないか



などなどいろいろ気を配っています


こちらとしてはお店のお邪魔になると悪いので、
だからと言って食いしん坊の私&有美(有美は食いしん坊ではないかな)
食べたい物は何とかして食べたい(笑)



入って着席するまでにだいたいお店の味が決まります
ん、食べる前に美味しいかわかるって変だけれど
案内してくれる店員さんの対応がすごく親切で丁寧だと
気持ちが温かくなりなぜかお料理がいつもの倍、美味しく感じるようになります



お料理に対しても配慮が行き届いていることが多いから



逆に、本当にたまーにだけれど
入れることは入れます的にあきらかに「迷惑」的な視線を投げかけられると
ちょっと遠慮しましょうか、ってなったことも何度がありました(><)



以前、乙武さんのブログが飲食店のことで炎上していたけれど
車椅子だと普通に歩いて入って食事するということはどうしてもできないからね
食事するお店を決めるだけでも
段差から始まっていろいろなことをクリアしないといけないのよね
今は慣れたからささっとやっているけれど




そんなこんなで着席してメニューを見ると
セットメニューがあって

有美は、キーマカレーを私はハンバーグ&海老フライ&コロッケ


しっかり者のマネージャーはハンバーグ&海老フライ&ひと口かつ
だったかな


有美のサラダを出してくれた時お店の方がお箸で大丈夫かな、って心配そうに見ていたけれど
それは大丈夫なんですよねー

ありがとうございます。私より有美のほうが箸上手に使うから(笑)




和食屋さんではたまにわざわざフォークとか用意してくれるお店もあります




ちょっと辛めのキーマカレー


有美
わー美味しい
食べて食べてー

いつもお互いシェアして食べるので私もお味見


うん、美味しいわ!!


キーマカレーってひき肉がメインで肉肉って少し重めで
ドライな感じだという印象があるんだけど
ここのは細かい野菜がまだ形が残っているように入っていて少しウエット感があって
辛いけれど優しくてさっぱり軽い感じ



海老大好きで海老を語れば止まらない!?の私のところにきた海老フライも
プリップリで衣ばかりの海老フライとはえらい違い

柔らかめのハンバーグも手作りなんでしょうね
優しさが感じられるワンプレートでした



有美にはお返しにハンバーグをおすそ分け


有美
これも美味しい♪





途中で、カウンターの向こうから


辛さは大丈夫ですか?



有美
大丈夫です。ありがとうございます(^^)



私は辛いの大好きだけど、有美も結構辛いモノもいける派です



土日・祝日は飲み物がサービスなんだって




美味しい食事に舌鼓を打っている間にあっという間に30分経っていました


お会計をして帰ろうとすると
後ろのドアが自動で開いた!?
と思いきや、カウンターからサッと出てきてくれた男性が
ドアを開けて車椅子がひっかからないように誘導してくれました


有美・私
ありがとうございます!
美味しかったです♪
また来ます☆



その男性はお店の外で見送ってくださいました



講演会の帰りに食事するときはお店の方と一緒に写真を撮ってもらったりするのですが、
この日はこれから講演会で結構急いでいたので、残念ながら写真はお店の外観だけ
また、食いしん坊で写真撮る前に食べてしまったので
美味しかったお料理の写真がないのが残念です



有美も私も大感激♪



正直、東京にも大阪にもそして、最近よく行く名古屋にも
コスパ(コストパフォーマンス=お手頃の値段ってこと)
もよくて美味しいところは結構あります



でも、このように今流行りで言えば「おもてなしの心」が大事なんですよね


特にハンディがある側とすると、「おもてなしの心」の中には
細かい気遣いが含まれていると思います


一人ひとり、個々に合わせたおもてなしが出来るお店こそ
シェフからフォールの人まで目配り気配り思いやりがあり
美味しいお料理が出てくる確率が高い



確かに有美と一緒だとお店の広さや段差や椅子やテーブルや通路の広さなど
さまざまな事をクリアしないとならないので
あっ、ここ入りたいな、と気軽に食事はできないけれど
食事が2倍も3倍も美味しく感じることができるというのは、
一人では絶対に味わえないですね



ワンプレートの中にシェフ(この男性)の優しさがプラスされ
大満足の昼食でした













バリアフリー

(株)Mプランニングに所属している佐野有美をはじめ、
弊社がご紹介しているハンディがある方にも
全国から講演会やコンサート、イベントなどの
ご依頼をいただくようになりました


講演をされる有名人・著名人は多く、その中で
お声掛けしていただけるのは嬉しくありがたい限りです


ただし、「是非ともお願いします!」と言われ、
費用など様々な条件が折り合ったにもかかわらず
伺えないかもしれない、という悲しい事態に何度も遭遇してきました


理由は現場までのバリアフリーなど環境が整っていなくて
ハード面から断念せざるを得ない、という時です



地方などの場合、会場の近隣の駅が階段しかない、など
まだまだバリアフリーが整っていない駅も多く存在し
一番近い駅でバリアフリーになっている駅を探し出し
そこから介護車両で現場に向かいます


介護タクシー(福祉タクシーともいいます)を使用する場合、
時間制だと10分でも30分でも4~5千円などという場合もあり、
その土地その土地で大幅に値段が違ってきます
この部分を交通費の経費に含んでおかないと大幅な損失が出てしまうことに……
(まだ介護タクシー会社があるだけいいですが、介護タクシーがない地域で駅から
徒歩1時間以上などと言われたら行けません)



それよりなにより、現地にたどり着けないとなると
講演会を主催される方にご迷惑をかけるのは無論のこと
「有美ちゃんに会いたい!」と心待ちにしてくださっている
御来場者の皆様もがっかりさせてしまうでしょう




その昔、私が個人的に彼女をサポートしていた時などは
出身小学校や近所の会館などが会場だったため
ご家族の車で移動することが多く、特に問題はありませんでした


その後、まもなくして大手の企業様・福祉団体様からご依頼を受けるようになると
遠方のため飛行機での移動になったときなど、
心臓に毛が生えていないと乗り切れない、という困難な場面に何度も遭遇……





「この(飛行機の)機種は(貨物室に)車椅子が乗りません」

「なぬ???」


など、搭乗手続きをしている最中に言われ真っ青になったり(苦笑)





また、電車で会場に向かっていると、乗り換えの駅でエレベーターの工事をしていて
乗り換えが出来ない

この時は、学校からの依頼だったため、急きょ学校に手押しの車椅子があるか確認
本人と私とお母さんとでタクシーに乗り(当時は有美の母親も同行していました)
男性のスタッフが20分位の道のりを
80キロ超えの電動車椅子を押しながらダッシュし10分ちょいで学校に到着
朝一時間目の授業にギリギリセーフ!!
スタッフは汗だくで講演中ぐったりしてました(苦笑)




また、こんなことも……

京急で羽田に到着するとエレベーターの点検で京急(地下)からエスカレーターしかなく
空港ロビーに上がれない

「なんでこんな真昼間に点検してるん??(怒)」

ベビーカーのお母さんも困っていました


きっと、何らかのトラブルがあったのだろうと想像できますが
もう、冷や汗もので……(*_*;





などなど、ハプニングの連続でした




それでも穴を空けずによくやっていたな、と思います(*^^)v



なので、途中の乗り換えの時間も普通の人が10分で
乗り換えできるところも、20分、30分と時間に
余裕をとっていて、万が一遅れても開始に間に合うよう約1時間半位前には
現地に到着するようにしています

(JRの対応の疑問やトラブルについて書き出すとヤカンが沸騰しそうなくらい
熱く語って止まらないと思うので今はやめておきます、苦笑)




現在は、弊社で航空関係に精通する佐野の担当が
陸路・空路すべて駅構内や移動ルートを事細かく調べ、
なおかつ電話ですべて確認して
当日スムーズに現地入りできるよう事前の準備を万全に整えています



また、震災以来、様々な壁があり東北方面に入ることができませんでしたが、
今年は東北の団体様からもお問合せをいただいており
東北の皆様にも『佐野有美』の笑顔を届けることができそうです



もちろん東北ではまだまだ復興、復旧の最中でいろいろな所が整っていないとは思いますが、
お子さんやお年寄り、そしてハンディのある人たちにも優しく
以前よりも暮らしやすい街になっていることを願っています!!
そして、もしご依頼がありましたら無事に会場までたどり着けますように(^.^)



まだ先になるかと思いますがお近くで講演会などのお知らせがありましたら
是非皆様お運びくださいませ







3月
こんにちは

早いもので3月に突入しましたね


1月2月と本当にいろいろなことがありました


随時ご報告を、と思いつつアップをしていなかったので
日々の出来事を載せつつ振り返っていきたいと思います


先週は少し暖かかったですが
また寒さが戻ってくるようです



みなさん体調崩しませんように








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。