生きていれば
(株)Mプランニング社長のブログ
プロフィール

エムプラ

Author:エムプラ
講師紹介/企画・編集・執筆依頼(株)Mプランニング 代表取締役 藤本美郷のブログ *佐野有美をプロデュース【障害者のバリアフリー・就職相談/出版企画アドバイザー】○講師になりたい!本を出したいという方、お気軽にどうぞ♪    www.m-plan.net 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっきさんへ
コメントありがとうございました

どこで返信していいか、よくわからないので本文から失礼します

とても嬉しいお返事なので、
よろしければ本文で紹介させていただいても
差支えないでしょうか?



スポンサーサイト
稲葉選手 2000本安打祝♪☆
稲葉選手
2000本安打達成おめでとうございます!!

ここまで長い道のりだったと思います。


あきらめずに続ける事の大切さ
教わりました♪

本当におめでとうございます

これから優勝に向けて
頑張ってくださいね!!





連休前
明日から連休!

みなさんどこか旅行や遊びに行く予定を立てましたか?

晴れるといいですね


ちなみに夏休みに旅行などを考えている方は、
ゴールデンウィーク明けから
飛行機やホテルなどの予約が
殺到し始めるそうです。
(旅行会社の人より)


なので、夏の旅行の予定はお早目に!!


ちなみに私は、この連休も夏も予定はありません
仕事が一段落したら大型連休をとりま~す(希望)





日本ハムファイターズ 稲葉選手応援メッセージ
いよいよ日本ハムファイターズの稲葉選手
2000本安打まであと1本と迫りました!

きっとすごいプレッシャーもあるでしょうが、
前日の4本ヒットのかため打ちや今日のホームランなど
本当にすごい精神力の持ち主だと思います


2000本まであと1本


これまでの長い道のりの中には
口には出せないご苦労もされたと思います。
ただひたすらに努力をされた結果、
偉業達成まであと一歩というところまできたのでしょう。


2000本目の瞬間を楽しみにしています


 
   *     *     *      *

 
以前も書きましたが、稲葉選手は
佐野有美の曲「歩き続けよう」を
入場曲にしてくださっています♪

事務所に連絡を受けたときは、驚くと同時に
稲葉選手の強さの源流のひとつを垣間見た気がしました。

佐野家に伝えると、
有美はブログですでに知っていたようですが、

有美
「うれしいです!!
有美母
「うっそー!?」
有美父
「ほんとか? あのイナバか!? あんなにすごい選手がか???
お前たち稲葉選手っていえばどんなにすごい選手か知っとるのか!!
こんなにありがたいことはないぞ!
有美は感謝しないといかんぞ!!」

特にお父さんは信じられなかったようです。
ちなみに有美父も有美母に負けず劣らず
いいキャラの持ち主です(笑)



有美のブログには北海道の方や日本ハムのファンの方からも
コメントがたくさん入っていたそうです!
音楽を通じて輪が広がるようですごく嬉しいですね


テレビで稲葉選手のりりしい姿を拝見していますが、
笑顔がとても素敵な方で有美のことを
すごく応援してくださっているんです


本拠地で流してくださっている様なので
機会を見てみんなで応援に行きたいと思っています!



フレーフレー
2000本安打




肩書き<心
昨日、今日とすごく暖かくなりましたね!

それにあわせホームページもリニューアルしようと
作業を進めています!!


講座やセミナーページも単独にしたり
みなさんに見やすいように修正しています。

講師紹介のページを前のへ移動しました。

理由は講師として紹介している方に
講演会などのお仕事がたくさんくるようにと
変更しました。

Mプランニングが講師としてご紹介している方は、
芸能人・有名人の方々とは違い一般の方がほとんどです。

病気を乗り越えた方や
がんや難病で闘病中であったり、
障害があって車いすで生活している方など、
ハンディのある方が多いのです。

できれば、そのような方が少しでも仕事として、
または生きがいとして活動ができるよう、
皆様にお声をかけていただきたいと
切に願っております。


……とはいえ、無名の方には講師依頼はほとんどなく、
営業してもなかなかOKがでないのが現状です


もともと佐野有美も無名でした。
まわりの方のご支援により、
講師として多数ご依頼をいただくことになったのです。


どうか、有名、無名という枠ではなく、
その方の本質に目を向け、
共に歩んでいっていただければ幸いです。


*   *   *   *


助け合う心
許し合う心
認め合う心
感謝し合う心


人間に必要なのは肩書きではなく心です









「いい文章」「売れる本」の秘訣は
現在、新刊出版に向けて猛ダッシュです

パソコンに向かって一心不乱

すると、ついつい自分が言いたいことばかり書き連ね
独りよがりの文章が並んでいる

こうなると、自分がいいた事の半分も
読み手に伝わらないことが多いようです。



基本的に(自分の)本を書くときは、
自分の意見や気持ちなどを
紙の上で表現していきますね。

1冊の本にするには、
内容はその数倍のネタがあり、
それを決まったページ数にまとめていく。

内容が薄い場合、
頑張って盛って盛って1冊にする、ということも
ままありますが。
けれども、こうした場合は企画の時点で
はねられているでしょう。

なので、やはり書きたいことがてんこ盛りという中で、
どうやって1冊にまとめるかで頭を悩ませることになります。


この場合、危険なのが
言いたいことをガンガン載せて
1冊を書ききってしまいがち。

書きたいことばかりだと
最初こそよくても
どうしても読む側と距離が
離れていってしまう場合があります。


それを防ぐには、
書きたいことを書きながらも
常に読み手と対話しながら書く。


主役=書き手×
主役=読み手○



本だけではなく、他人に読んでもらう原稿を書くときには
客観的に判断できる3つめの目を持てるように
心がけましょう。


これが「いい文章」「売れる本」
の秘訣だと思います







笑顔の花♪
4月22日(日)は
韓国のSBSテレビで
佐野有美の特集を放送してくださいました。


同日には韓国語でYouTubeにコメントが入っていたり
韓国から会社のホームページに
アクセスされていたりしているので
放送の影響は大きいですね!


どのような反応があったのか楽しみです




彼女を通じて世界中の人々に
笑顔の花が咲きますように

그녀를 통해서 온세계의 사람들에게 미소의 꽃이 피기를

May the flower of a smiling face bloom to people in the world through her!




※ちゃんと書けていなかったらスミマセン




[お礼]
韓国からわざわざいらしてくださった取材陣の皆様、
コーディネイトをしてくださったソンさん、
ありがとうございました。
また、取材に応じてくださった皆様、
取材場所を提供してさった皆様、
関係者の皆様にはお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。







4月22日 サザエさん
久しぶりに「サザエさん」を見ました!

見た、というより夕食の支度の時に
ちょうどテレビでやっていたのですが。

子どもの頃は毎週楽しみに見ていました


今日は何の日というのがありますが、
4月22日は

「サザエさん」の新聞連載開始
した日。
昭和21年の事だそうです。
ずいぶん昔ですね~

ちなみに4コマ漫画でしたが、
新聞に載っていたのを知らない人も多いかもしれないですね。


私が幼稚園~小学校に入る位の頃は、
あまり漫画本は売っていなかったような!? 
それにつつましい生活でしたし
家の中にマンガなどはありませんでした。

夕食時、家族で「サザエさんって面白いね」と話題になりました。
すると、母が新聞に掲載された「サザエさん」の
4コマ漫画をせっせと切り抜き、
一面に2枚、見開き4枚見られるようにして
マンガ本のように作ってくれました。

その後、自分でマンガを買うようになり、
「サザエさん」の単行本も手に入れました。
母の手作り「サザエさん本」は
新聞なので白黒だし、読み終わると
知らない間に手が黒くなっていたりと
いま思うと、とてもレトロで貧乏くさい(笑)

それでも、いつも枕元に置いて
とても大切にしていました。
ずっと忘れていましたが、
母のぬくもりがこもった物って
ずっと心に残っているものですね


「サザエさん」は昭和21年に原作者の長谷川町子さんが
福岡の地方新聞で連載をはじめ、
東京へ引っ越すので連載を打ち切ったそうです。
その後、朝日新聞に掲載され、マスオさんが
磯野家に入り、長期間多くの人に親しまれる
漫画となっていきました。

福岡で新聞掲載当時、
サザエさんは独身だったようです。
内容は知りませんが、きっと終戦後、
日本の敗戦で希望を失った人々に
ちょっとドジで愛嬌のある「サザエさん」が
笑顔のカンフル剤になったのでは

そう考えるとただマンガとして
楽しんでいた以上の
懐かしさが込み上げてきました








花粉症!?
遅ればせながら、
花粉症になったようです

みなさんは、大丈夫ですか?


2週間ほど前、
目覚めと共に鼻がムズムズするような
特にその時には気にもしませんでしたが、
なんか一日中鼻の奥がかゆいようで、
ティッシュを詰めて
ゴシゴシゴシゴシ

それから目の縁がかゆい、ような……
涙も多い、ような……

気のせいにしていましたが、
結構つらい
その症状は10日間位ありましたが、
毎日目薬とマスクでなんとかやりすごしました。

やっぱり花粉症だったようです

でも、でも「花粉症だ!」なんて思いたくない!!

毎年、この時期を怯えながら過ごすのも嫌だし、
何よりも仕事は繊細(?)でも、
日常は大ざっぱ、というスタイルからいうと
花粉症になりえない? と思っているからです。
(思い込もうとしている)

今週は、ようやく花粉症の症状から解放されるも
今度は鼻がグズグズ喉がイガイガ
咳がゴホゴボ


この時期原稿に集中できる、と考えていたのですが、
どうやら出張や取材が少ない時期だと
油断していたようです……


不快な感じは拭えないままですが、
4月は会社スタートの時期。
風邪なんて引いている場合ではありません(苦笑)


体調を万全にして、1日1日を大切にしていこうと思います


朝晩、寒暖差があるので、
みなさんも体調崩しませんように!









都志見隆先生の素敵なブログ
朝はまずパソコンの電源を入れるところから始まります。


当然、手元に溜まる原稿をシャカシャカと
打ち始めなければならないのですが、
脳がNOと言っていて(ダジャレです
なかなか指が滑らかに動きません。


本当なら読みかけの本を読みたいところですが、
それを始めると終わらなくなってしまうので、
いろいろな会社のホームページをのぞいたり、
ブログを見にいったり。


ただし、朝イチから暗い話題は避けたいと
自然とお気に入りのブログのページを開いています。


その中で、以前、佐野有美の歌を作曲してくださった
都志見(つしみ)隆先生のブログがあります。

日々の出来事や思うことを綴られているのですが、
ご本人のようにとても爽やかなブログなんです


そういえば、ちょうど去年の今頃。
有美の「あきらめないで」のアルバム制作中で
四苦八苦していたことを懐かしく思い出しました。
(でも、当時はどうなることかと 笑)

現場での都志見先生は、有美本人だけではなく、
有美の母や私たちスタッフに対しても
さりげない気遣いなど、見習うべきところが
たくさんありました。

本当に都志見先生に出会えてよかったね、
と、有美&有美母といつも語り合っていました。
(大先生なのに気取らず、頼れるお兄さんと感じさせるところも凄い)

ちなみに、都志見先生の魅力を伝えたいと
雑誌のドキュメントページに掲載をさせていただきました。


先生から有美へ提供された楽曲は、
障害があるけれども明るく生きている、
けれども心の中で揺れる繊細な少女の気持ちを
見事に表現してくださっていました。

いち音いち音、それはそれは丁寧につながれていて、
流れるメロディは心地よく、
どうしたらこのように素晴らしい曲が作れるのだろう……
と、思いを巡らせたものです。

仕事だからプロだから、というものではなく
都志見先生のやさしさやぬくもりが曲の中に
いっぱい詰まって完成されたのだと思うと、
レコーディング中にもかかわらず、
涙が溢れ、よく控室へと退散したものでした。


昨年6月。
曲の完成の喜びと同時に
お目にかかることがなくなり、
しばらく寂しい思いをしました。


 打ち上げ&レコード大賞企画賞受賞祝の様子
歌打ち上げ
関係者のみなさまと一緒に。前列左が都志見先生です♪


都志見先生とは、その後も有美の出演情報などをお伝えすると
すごく楽しみにしてくださったり、いまでも交流は続いています。


そんな都志見先生のブログには、いつも心に残る言葉があります。

私が好きな文を抜粋させていただきました。

*  *  *  *

先日、母が電話でまた言う。


「うちより先に死なんといてよ(笑)」


あの40歳くらいだった母ももう今年で76歳になる。

感謝の気持ちと共に、

いづれは訪れるであろう愛するもの達を失う悲しみに

自分は耐えて行けるのだろうか。

本当の悲しみをまだ知らない。


そんな意味からも

人生の本番はこれからという気がする。


いい事もそうでない事も全部引き受けて

自分らしくやっていこう。


*  *  *  *

日々、楽しいことばかりではありません。
先生の言葉は、痛みを伴う成長を続けていく
勇気と活力になっています。

どうぞお母様いつまでもお元気で。



※都志見先生作曲の「歩き続けよう」は、
日本ハムの稲葉選手が入場曲にしてくださっています。
多くの方の心に響いているようで、嬉しい限りです









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。