生きていれば
(株)Mプランニング社長のブログ
プロフィール

エムプラ

Author:エムプラ
講師紹介/企画・編集・執筆依頼(株)Mプランニング 代表取締役 藤本美郷のブログ *佐野有美をプロデュース【障害者のバリアフリー・就職相談/出版企画アドバイザー】○講師になりたい!本を出したいという方、お気軽にどうぞ♪    www.m-plan.net 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ハムファイターズ稲葉篤紀選手に感謝
3月15日
日本ハムファイターズ稲葉選手の
「震災から一年を迎えて」というブログの中に
有美の事が出ていました!

先日“アンビリバボー”という番組で、
生まれながらにして身体に障害を持ちながらも
頑張られている佐野有美さんの『歩き続けよう』
という曲を聴きとても感動しました。
今までで1番“がんばろう”と思わせてくれた曲です。
僕も野球のプレーで感動を与えられる選手に
もっともっとなりたいと感じました。
機会があれば、札幌ドームでの打席時の入場曲に使わせてもらいたいと思います。



とありました。


そして3月23日には


また21日の試合より佐野有美さんの
「歩き続けよう」を打席時の入場曲に使わせていただいています。
この曲から元気をもらい、
ヒットを打てたことにとても感謝しています。
佐野有美さんのブログを拝見したところ、
僕が入場曲として使用させていただいたことに気付かれていたようです。
とても喜んでいただいているようで、
そのコメントを読み僕も本当にうれしかったです(^^)/


本当に光栄です。
ありがたいですね。



有美のブログにはもたくさんコメントが入ったので、
本人もすぐに気が付きとても喜んでいました。


また、サポートをしている私どもにとっても大変嬉しい出来事です


一昨年の暮れに有美の事がテレビで放送され、
その中で「あきらめないで」の詩集を取り上げてくださいました。
その詩の朗読を聞いたレコード会社の
池田氏が大変感動してくださり
「ぜひ歌にして広めたい」
と、昨年6月にCDデビューが実現しました。

池田氏に稲葉選手のことを伝えると
「いやあ 嬉しい事です!
どんどん輪が広がってくれて嬉しいです」
と、とても喜んでくださいました。


稲葉選手は今でも震災で苦しんでいる方々のことを
とても心配していらして、
継続的な支援の必要性を強く訴えています。
著名な方がこのような活動をして下さるのは、
すごく大きな意味があると思います。


ああだ、こうだと理屈をこねて
やろうとしなかったり、、
損得勘定で動いてる人たちに見習ってほしいですね。

今できることを
精いっぱいやる

稲葉選手、きっと今年も素晴らし1年になると思います!
応援しています















スポンサーサイト
ハンデのある人の自立に向けて~佐野有美の場合~
ハンデがある場合、自立が非常に難しい……
と感じているのは、本人をはじめその家族や
まわりでサポートしている人々が感じていると思います。


有美の場合でもそうです(そうでした)

現在、彼女はテレビや雑誌などで取り上げていただき、
マスコミの力を借りて知名度が上がってきました。

「あみちゃんじゃない!?」
「あみちゃんだ!」
と、いままでの「テレビに出てましたよね?」とか
「チアリーダーの人?」「24時間テレビ出てましたよね?」
という問いかけだけではなく、
しっかりと名前を呼んでいただくことも少なくありません。

また、講演会やイベントに呼んでいただく機会も増え、
そこから口コミで広がっていくようです。
ありがたいですね♪


でも、ここまでくるには紆余曲折がありました。
一足飛びに「有名人」の仲間入りをした訳ではありません。
(まだまだ有名人と呼ぶには語弊もありますね。
一般の方よりマスコミで取り上げられ名前が知れているという意味です)

近所の小学校をまわったり、
卒業生として高校で話をしたり、
応援してくださる喫茶店や書店に顔を出したり、
ちょこまかと動いていました。

講演会と称した催しでは、
皆さんの前できちんと話ができるかなど、
本人も不安がいっぱいで泣きそうでした。
それはそうですよね。
高校を卒業したばかりなんですから。

でも、実はセッテングした私のほうが、
「有美の話を聞くために大勢が集まってくださった」と考えると
心配で心配で胃が痛くなっていたんです。

当然、最初から大勢の人の前で話すことなどできません。

「大丈夫(^^)大丈夫!普段通りに話せばいいからね(^^)」
などと励ましたり、
「目の前の人はカボチャと思えば緊張しないよ!」
などと冗談で緊張をほぐしたり。

今では講演中、1時間でも1時間半でも
何も見ずに話していますが
当時は台本を作って車椅子の台座に乗せて準備をしていました。


講演会の最初に彼女の生い立ちを紹介した映像を流したり、
質疑応答のような形式で進めたり、
参加した方の感想をいっていただいたり、
本当にいろいろと工夫をしてきました。

臨機応変に対応できないとつらいと思いますが、
彼女はとても機転が利くし本当に努力家。
愚痴もこぼさずに前向きなんですね。

それでも、うまく話せなくて涙したり、
あの頃は芸能会を目指していたので
「自分がやりたいことと違うのでは……」などと迷う有美を
叱咤激励しながら、ここまでたどり着きました。

彼女も「人前で話をするのが生きがい」
と言えるようになり、
二人三脚で歩んできました
(よき相談相手と思ってもらえているかな)
また、有美のお母さんにも、「この子に何をするの?」と
途中はハラハラさせていたと思います。
兎にも角にもお母さんの協力なくしては、
講師としての活動はできなかったでしょう。

いろいろな事がありましたが、
今では本当にいい思い出です



講演会が終わるとロビーで
出席されたみなさんの見送りをします。

涙で濡れたハンカチを握りしめながら、
「勇気をもらいました!!」
「笑顔がとても素敵!!」
「元気ができました!!」
と、彼女と握手をしたり、
肩を抱いてくださる方々の姿を見ていると
胸が熱くなり、これまでの苦労が報われたようで
本当に嬉しく思います。


現在、彼女は文化人同様に報酬をいただき
講演会ができるまでに成長したので
仕事としてとらえて活動しています。
それもこれも、支えてくださった皆様のお蔭です。
ありがとうございました。

   *    *     *     *     *

弊社にはハンデのある方で、
「自分も佐野さんのようになりたい」
「世の中に貢献できる活動をしたい」
と、有美の後を追う方もたくさんいらしゃいます。
また、弊社に「所属させてください」というご要望も多くあります。

小さな会社ですので、
なかなかご希望に添えずに心苦しいのですが、
真摯に対応させていただいております。


佐野へは講演会やイベントの参加依頼など
多く寄せられ嬉しい反面、日程や費用の関係でご期待に添えない場合もあります。
その場合、ほかにハンデのある方を講師としてご紹介するのですが、
やはり彼女でなければダメという
ご回答も多いのが現状です。

もちろん佐野に感動したからこそご依頼をいただくのであって、
彼女でなければNGという考えは当然ですが、
佐野も小さな一歩から踏み出し、ここまできました。

できれば佐野への支援と共に、
ハンデのある他の方にも
少しでもチャンスをいただければ幸いです












佐野有美講演会依頼
3月8日、「奇跡体験! アンビリーバボー」の放送以降、
佐野有美へのお問合せをとてもたくさんいただいています。
嬉しいですね!

これまでもテレビで放送された後、
いろいろ動きがあるのですが
今回は全国放送でゴールデンということもあってか
反響が大きかったです。

また、佐野の所属事務所としても地道に各県や市の社会福祉協議会などに
紹介をしてきたのも功を奏しているようです。



マスコミで取り上げらえると知名度も上がり、
事務所にも多くの励ましの声が届き、
講演会などのご依頼や様々なお問合せも増えます。

しかし、一過性になりやすく、
しっかりとした活動をしていかないと
彼女が自立していくのは難しいと感じています。
サポートする側としても目先の事だけではなく、
直近、中、長期と目標をきちんと掲げて
応援してくださるみなさんのお力をお借りしていこうと思います。


   *     *     *     *     *

(株)Mプランニングでは佐野有美を講師として紹介をしていますが、
10社近くの講師派遣・講師紹介会社様から、
「講師登録をさせてほしい」というお申し込みをいただき
佐野の所属事務所としても許諾をしています。
やはり弊社だけで紹介するより
より多くの企業の皆様の手をお借りして
全国に「佐野有美」を紹介してほしい、
それが経済的にも彼女の自立への第一歩となると考えているからです。

※佐野を講師として紹介してくださる講師派遣の会社がたくさんあるのは、
そのような事情からです。ご了承ください。

今後、佐野を講師やイベントで呼びたい、と
考えていらっしゃる方で「申込みがどこかわからない」という方は
まずは(株)Mプランニングへお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

(株)Mプランニング
http://www.m-plan.net











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。