生きていれば
(株)Mプランニング社長のブログ
プロフィール

エムプラ

Author:エムプラ
講師紹介/企画・編集・執筆依頼(株)Mプランニング 代表取締役 藤本美郷のブログ *佐野有美をプロデュース【障害者のバリアフリー・就職相談/出版企画アドバイザー】○講師になりたい!本を出したいという方、お気軽にどうぞ♪    www.m-plan.net 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリアフリー

(株)Mプランニングに所属している佐野有美をはじめ、
弊社がご紹介しているハンディがある方にも
全国から講演会やコンサート、イベントなどの
ご依頼をいただくようになりました


講演をされる有名人・著名人は多く、その中で
お声掛けしていただけるのは嬉しくありがたい限りです


ただし、「是非ともお願いします!」と言われ、
費用など様々な条件が折り合ったにもかかわらず
伺えないかもしれない、という悲しい事態に何度も遭遇してきました


理由は現場までのバリアフリーなど環境が整っていなくて
ハード面から断念せざるを得ない、という時です



地方などの場合、会場の近隣の駅が階段しかない、など
まだまだバリアフリーが整っていない駅も多く存在し
一番近い駅でバリアフリーになっている駅を探し出し
そこから介護車両で現場に向かいます


介護タクシー(福祉タクシーともいいます)を使用する場合、
時間制だと10分でも30分でも4~5千円などという場合もあり、
その土地その土地で大幅に値段が違ってきます
この部分を交通費の経費に含んでおかないと大幅な損失が出てしまうことに……
(まだ介護タクシー会社があるだけいいですが、介護タクシーがない地域で駅から
徒歩1時間以上などと言われたら行けません)



それよりなにより、現地にたどり着けないとなると
講演会を主催される方にご迷惑をかけるのは無論のこと
「有美ちゃんに会いたい!」と心待ちにしてくださっている
御来場者の皆様もがっかりさせてしまうでしょう




その昔、私が個人的に彼女をサポートしていた時などは
出身小学校や近所の会館などが会場だったため
ご家族の車で移動することが多く、特に問題はありませんでした


その後、まもなくして大手の企業様・福祉団体様からご依頼を受けるようになると
遠方のため飛行機での移動になったときなど、
心臓に毛が生えていないと乗り切れない、という困難な場面に何度も遭遇……





「この(飛行機の)機種は(貨物室に)車椅子が乗りません」

「なぬ???」


など、搭乗手続きをしている最中に言われ真っ青になったり(苦笑)





また、電車で会場に向かっていると、乗り換えの駅でエレベーターの工事をしていて
乗り換えが出来ない

この時は、学校からの依頼だったため、急きょ学校に手押しの車椅子があるか確認
本人と私とお母さんとでタクシーに乗り(当時は有美の母親も同行していました)
男性のスタッフが20分位の道のりを
80キロ超えの電動車椅子を押しながらダッシュし10分ちょいで学校に到着
朝一時間目の授業にギリギリセーフ!!
スタッフは汗だくで講演中ぐったりしてました(苦笑)




また、こんなことも……

京急で羽田に到着するとエレベーターの点検で京急(地下)からエスカレーターしかなく
空港ロビーに上がれない

「なんでこんな真昼間に点検してるん??(怒)」

ベビーカーのお母さんも困っていました


きっと、何らかのトラブルがあったのだろうと想像できますが
もう、冷や汗もので……(*_*;





などなど、ハプニングの連続でした




それでも穴を空けずによくやっていたな、と思います(*^^)v



なので、途中の乗り換えの時間も普通の人が10分で
乗り換えできるところも、20分、30分と時間に
余裕をとっていて、万が一遅れても開始に間に合うよう約1時間半位前には
現地に到着するようにしています

(JRの対応の疑問やトラブルについて書き出すとヤカンが沸騰しそうなくらい
熱く語って止まらないと思うので今はやめておきます、苦笑)




現在は、弊社で航空関係に精通する佐野の担当が
陸路・空路すべて駅構内や移動ルートを事細かく調べ、
なおかつ電話ですべて確認して
当日スムーズに現地入りできるよう事前の準備を万全に整えています



また、震災以来、様々な壁があり東北方面に入ることができませんでしたが、
今年は東北の団体様からもお問合せをいただいており
東北の皆様にも『佐野有美』の笑顔を届けることができそうです



もちろん東北ではまだまだ復興、復旧の最中でいろいろな所が整っていないとは思いますが、
お子さんやお年寄り、そしてハンディのある人たちにも優しく
以前よりも暮らしやすい街になっていることを願っています!!
そして、もしご依頼がありましたら無事に会場までたどり着けますように(^.^)



まだ先になるかと思いますがお近くで講演会などのお知らせがありましたら
是非皆様お運びくださいませ







スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。