生きていれば
(株)Mプランニング社長のブログ
プロフィール

エムプラ

Author:エムプラ
講師紹介/企画・編集・執筆依頼(株)Mプランニング 代表取締役 藤本美郷のブログ *佐野有美をプロデュース【障害者のバリアフリー・就職相談/出版企画アドバイザー】○講師になりたい!本を出したいという方、お気軽にどうぞ♪    www.m-plan.net 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐野有美講演会動画

1月になると2月に翌年度の予算をつけるところが多く
講演会の問い合わせが増えてきます。

そこでよく
「佐野有美さんの講演会を見たい」
とのご相談を受けます。

近隣で一般の方が入れる講演会などがあれば一番いいのですが、
なかなかそのようなわけにもいきません。

そこで、講演会冒頭の様子をYoutubeにアップしました。

よろしければ、こちらをご参考になさってください。

https://www.youtube.com/watch?v=iRfdP3LJAq8
※Mプランニングのホームページでもリンクしておきました。

きっと講演会やセミナーのご担当者様は
佐野がどのような形で講演を行っているのか、
実際に主旨にあった話ができるのだろうか?
など多くの心配はごもっともです。
自らの体験談を織り交ぜながら、主催者様のご意向に沿った話を
させていただいております。

また、電動車イスのまま講演をしますのでバリアフリーなどいくつか条件がございます。
どうぞお気軽にお問合せください。

Mプランニング←検索







スポンサーサイト
東大阪青年会議所 2014年度4月公開例会
4月17日

東大阪青年会議所2014年度4月公開例会にて
佐野有美の講演会が行われました


1.jpg
6.jpg
講演後にプレゼントをいただきました!

花園ラグビー場が立地する東大阪市は、2019年に日本で初開催されるラグビーワールドカップ(W杯)の
会場誘致を目指し、「ラグビーの街」として地域活性化に取り組んでいます。
その関係で木彫りのラグビーボールのプレゼントが(『佐野有美』名前入りで大変立派でした)
(神戸新聞によると神戸市も会場招致を本格的に動き始めたのだとか)

その地域に行くと、いろいろな話題に触れることができますね!


実は平日なのでスタート時には空席も目立ったのですが知らない間にほとんど埋まっていました。
皆さんお仕事がお忙しいにもかかわらず、駆けつけてくださって嬉しい限りです。


講演会の最後のほうに質問を受けるのですが、
真面目な質問の中に「ボクのことどう思いますか?」なんて
楽しい質問があったりとっても盛り上がりました♪


最後はスタンディングオベーションの中退場

10.jpg
終了後、みなさんが声をかけてくれます

「あみちゃん、よかったよー」
「ありがとうございます!!」

あっという間に囲まれてしまいます
16.jpg
最後はみんなで記念撮影!

15.jpg
19.jpg


今回は一般の方の参加もOKだったので皆さんと一緒に
11.jpg
13.jpg12.jpg     この車椅子の方は出版相談のご連絡があった方でした!
21.jpg
講演会の依頼をしたくて!と熱烈な方も来場されていました

理事長の村川さんはとってもインパクトがあるけれど、優しい方で
24.jpg

理事長の村川様、委員長の小西様をはじめ講演会に向けてご準備からお世話になりました。




         



帰りに受付付近に有美のペコちゃんのペンケースを忘れてきてしまいました(泣)
もし、気が付いた方がいらっしゃいましたらご連絡くださいませ。
最近忘れ物が多いので気を付けなくては……(-"-)




■今回は直接のご依頼ではなく講師紹介会社様が入っていました。関西の会社なので関西方面の時は愛の
森本社長が直々にお見えになってくださいます。

22.jpg森本社長と

森本社長はとても誠意があり、事前の打ち合わせもしっかりしていて
細かいところまで気を配ってくださいます。
最初の頃はやはり電動車イスをあまりご存じないようで、現地のバリアフリーや移動について
何度か行き違いもありましたが、それでもこちらの意向に耳を傾け丁寧な対応をしてくださいました。
今では安心してお任せしています。いつもありがとうございます。







第44回MDRT日本会in東京

4月10日佐野有美の講演会がありました。
午後京谷さんのインタビューがあり、そのまま会場の東京ビックサイトへと移動という一日でした。


東京 第44回MDRT日本会in東京
分科会講師 会場:東京ビックサイトTFTホール 17:00~18:10
MDRT会員(分科会の聴講者は約100名、全体参加者600名)
P1100912.jpg

この案件は、今年初めに講師紹介会社からの問合せがありました。
保険会社様からのご依頼ということはわかりましたが、
「MDRTって何?」
ということでまずはMDRTについて調べました。ネットでは
MDRT日本会
最高水準の生命保険プロフェッショナルが会員となる、生命保険業界をリードする団体。
MDRTは、自主的に運営する様々の研修やボランティア活動を通じ、
国際的な視野に立ち常にお客さまのことを第一に考える、
生命保険業プロフェッショナルの最高峰を目指す。とありました。


有美は保険会社様とのご縁が濃く、年に何度もご依頼を受けています。
また、地元だけで講演をしていた頃、保険会社様から県外で大きな講演会のご依頼をいただき、
講演活動が一気に加速したという経緯もあります。



成績優秀者が集まる……、生命保険業の最高峰……、などなど
おそれ多い言葉が並び、そのような会員の皆様の前で
24歳になりたての若い佐野有美が講師として務まるかどうか社内で検討しました。



千人単位の講演会も多く経験している。
保険会社様の講演会も多数。
結果「有美ならいけるでしょう!」ということでお受けすることにしました。


 *    *    *


京谷さんのインタビューでだいぶ緊張していたので疲れたでしょう
と、ビックサイトへ移動する前に、時間調整を兼ねて講演内容の確認と少々休憩

P1100876 - コピーP1100877 - コピー
お洒落なカフェでニッコリ

東京駅は何度も降りたっていますが、丸の内側にはあまり来ません。
以前、東京駅の改装が終わってから一度だけ見たことがあるのですが夜だったので、記念撮影を。

P1100879 - コピー


さあ出発!

移動はゆりかもめを使います

P1100892 - コピー  P1100894 - コピー

普通、改札で駅員さんにスロープをお願いするのですが、
切符を購入しているとどこからともなく
オレンジのジャンパーを着た介助員さんが声をかけてくださり、あっという間に乗車できました。
(電車の乗車については、いつもすごく待たされる事が多い)


それでも東京駅からなんだかんだと移動で時間がかかり、あっという間に講演時間になり

P1100901.jpg  P1100907.jpg
皆さんからの質問にも答え、大きな拍手をいただきました!
(私の反省は有美にピンマイクを付け忘れたこと、と、途中で色紙を持って登場する場面で販売の用意や交流会の準備などで出遅れた事です

終了してから記念撮影に応じたり、書籍とCDを購入してくださった方にはサインをします
P1100908 - コピー

そして、交流会場へ移動

P1100913_2014042500544210c.jpg/


P1100914_20140425005732cf9.jpg P1100915_20140425005734434.jpg
おっ有美ちゃん!! 大棟さん!
大棟さんは講師のお一人として参加されていました。

大棟耕介さんにはある講演会で出会いました。講師の先輩としても
人生の先輩としても有美が尊敬していてる方です。
目標とするお兄様的な存在かな(いや、神様的かな)。私も非常にお世話になっていて、
以前、素晴らしいお仕事を雑誌に掲載させていただいたことも。

そんなこんなをしていると、大勢の方が「有美ちゃーん」といって有美を囲んでくださいました。
P1100920.jpgP1100925.jpg
いろいろな分科会があったので佐野の話を聴かなかった方が「残念!聴きたかったわ」と。

P1100926.jpg
佐野有美の写真入りの飴ちゃんを作りました。この飴ちゃんを付けた講演会用名刺が大人気♪

P1100927.jpgP1100917_20140425011828a76.jpgP1100918_20140425011830d4f.jpgP1100919_20140425011833b4d.jpg
P1100924.jpgP1100916_20140425011826703.jpg


「わー懐かしい♪」アリコさんの講演会では大変お世話になりました
P1100928.jpg


有美はこの他にもたくさんの方と握手をしたり記念撮影をして楽しい時を過ごすことができました。
ちなみに私は有美を紹介しながら、皆さんのカメラと有美のスマホと自分のカメラの撮影をこなしつつ、
営業活動も忘れませんでした!

お声をかけてくださった皆様、ありがとうございました。
今後もご縁がつながると嬉しいです(*^^)v


         


この日は自分の反省も多いにあったのですが、非常に多くのトラブルがありました。
(トラブルというか、どうしていいかわからない、という事が)

これまで講演会での行き違いやトラブルは口外していませんが、
今後の参考までに記しておきます。


講演後、交流会会場への移動があり、会場には椅子とテーブルを用意されていると聞いていました。
交流会場でも本やCDの販売可能と確認済みだったので、
参加人数(約600人)から売れそうな本CDの数を割り出し事前に送っておきました。
講演後、講演会の会場前の廊下で販売をした後、交流会場へ移動しようと思いましたが、
お待ちくださいということでしばらく待っていました。
けれども交流会開始直前になっても案内がこない(汗

ビックサイトは広くて場所がどこだかわからないし、
聞いても交流会の会場が二か所あって確認中だとか。
だいぶ待たされてから離れた会場に案内されたました。
(重い本など販売グッズを持っていたのでより遠く感じました)

その後、会場に着くと書籍の販売ブースも用意されておらず、椅子もテーブルもナシ……。
立食の場合、まず有美と私は挨拶を最優先するので食事に手をつけることはありません。
なので椅子もテーブルも必要はないのですが……。
説明を聞こうとしても担当者が見当たらず……


なんだかわからないままでしたが、人混みに突入!!
そこで大棟さんを発見→講演に参加してくださった方々と写真撮影→講演を聴いてくださった方が
お友達や上司の方を引っ張ってくてくださって、「ぜひうちでも講演をお願いしたい!!」と、
嬉しい声が上がり、たくさんの方と交流ができました!


多くの成果をあげましたが、その裏では……


講演会場から必死に本とCDを販売グッズを運んできたにもかかわらず、
結局販売はNG。交流会の始まる前までならOKだったのだとか。 
会場に着いたときにはすでに交流会は始まっていました。
この日は交流会の参加人数が多いということで、
わざわざ出版社の方に販売スタッフとして来てもらっていました。なのに、販売が出来ない……
(嫌な顔されてもしかたない。覚悟を決めて……
けれども、嫌な顔ひとつせず、送り返す本の梱包を手伝ってくださり
宅配便を出すためコンビニまで運んでくださいました。
そして、最後にはゴミまで持って帰ってくれて……。

P1100932.jpg
お世話になった佼成出版社の大木さん


講演会・交流会自体は温かい雰囲気でとてもよかったので、連絡ミスなのか、
確認ミスなのか、会自体がとてもよかったので少し残念でした。


今回は紹介会社からのご依頼で、大きなイベントなので
そこにもイベント会社が入っていて、直接やりとりは出来ませんでした。
直接、事前の打ち合わせが出来ない場合、こういった行き違いも少なくありません。

後日、事前の打ち合わせが悪かったのだろうと、紹介会社の担当の方と
弊社のスタッフのメールのやり取りを検証してみましたが、
弊社担当からも細かく質問しており、先方も的確に答えていただいていました。
とてもしっかりと打合せをして準備も万端でした。
(ただし、交流会の会場については記載がなかったようです)


今回、交流会はどうしても参加してほしい、ということでもなかったから?
それで案内が手薄になった理由なのかな、とも。



この経験を踏まえ、今後は紹介会社様よりご依頼のある大きな講演会やイベントの時は、
どのようにしたら当日スムーズに動けるか、検討していこうと思います。









テイチクエンタテインメント 石橋誠一.社長と
  

福岡講演の帰り


驚きの再会がありました!\(^o^)/



何と福岡空港で偶然、有美のCDを出してくださっているレコード会社の
テイチクエンタテインメントの石橋社長と岡崎さんに遭遇!!


有美は驚きと嬉しさでニッコニコ
石橋社長も嬉しそうです


P1100806 - コピー


岡崎さんは残念ながら違う便だったので先に行かれてしまいましたが、
初めて会ったのは有美がビックカメラ様にご支援いただき
有楽町ビックカメラ前で行ったトーク&ライブのイベントのときでした


記憶を紐解くと、今からさかのぼること3年
2011年6月


有美はCDが完成してメジャーデビューしたけれど
人前で歌うのが初めてだったのですごく緊張していました



当時の懐かしい写真もあるので
ちょっとご紹介しますね

ビックカメラの店頭です

DSC_0086 - コピー

緊張で司会の方の話が耳に入らない!?

DSC_0053 - コピー


でも一生懸命に心を込めて歌いました


DSC_0044 - コピー


多くの皆さんに喜んでいただいて

DSC_0104 - コピー


DSC_0115 - コピー

DSC_0124 - コピー


DSC_0121 - コピー


車イスの方も笑顔で
DSC_0134 - コピー



この時、石橋社長も足を運んでくださいました♪


DSC_0169 - コピー


石橋社長はじめ、有美を発掘してくださったプロデューサーの池田氏、
そしてテイチクテンタテインメントの皆様には本当に感謝感謝です




このイベントの頃、有美はまだまだ講演会で60分、あるいは90分をようやく
一人で話せるようになったかな、という時期だったと思います



講演などとはまた違ったトーク&ライブという素敵な場面を
目の当たりにすることで、将来彼女の活躍する場所が広がるだろう
そう確信した一日でした
また、歌という素敵なメロディーに乗せて多くの人を勇気づけたり
笑顔にしてきたい、という彼女のメッセージを充分に送ることができる、とも




      




うちの会社は、芸能事務所ではありません
なので大々的にキャンペーンをしたり
CDを沢山買い取る事なども出来ません
(講演会では彼女のCDも本もそれなりに売れていきますけれど……)



期待してくださったレコード会社の皆様には
ただただ頭を下げるしかありません



1枚のCD、ひとつの曲の陰には多くの汗が流れ、
多大な費用もかかっています
レコード会社の皆様に恩返しをするには、CDを売るしかないのだ、とも



しかし、有美のCDは爆発的に売れません
なぜなら流行りの歌ではないからです



でも、日本の、世界の、
顔も名も知らなくても
国籍もわからなくても
勇気が出ない人
助けを求めている人
生きる希望を失った人

そのような人たちが彼女の存在を知り、
彼女のメッセージである歌が心臓の鼓動同様
コトコトと心に触れた時
きっとCDを手に取り、心の宝箱に入れてくれると思います




決して焦らなくていい、
乾いた土に水が浸みこんでいくように
有美の言葉が、有美の歌が、
必要としてる人のところに届き
沁み込んでいくことを願って
有美と共に全国をまわっています♪




レコード会社の皆様には、長い目で見ていただければ幸いです
(そんな悠長なこと言っている場合じゃないよ、って言われるかもですけど



また、有美に関しては必要以上にマスコミに売り込みをしないのは
パッと花火を上げてすぐにしぼんでしまうより、
しっかりと地に足のついた活動を地道にやっていくこと
それが彼女の将来に一番必要なことだと信じているからです



最近、うちの会社に入社の問い合わせが何件かありました
なんか嬉しいですね(^^)/
(でも募集していないので残念!)



所属の佐野有美はじめ、うちの会社には特に
ハンディのある講師の皆さんが多くいらっしゃるので
出来る限り利益を還元できるように
極力人件費削減、少数精鋭で頑張っています!!




このような仕事、利益至上主義では決してできません
まずは心のこもった仕事をすることです

























ハッピーバースデー☆♪
4月6日の佐野有美Birthdayの様子です

福岡のホテルにて(※4月5日夜の出来事)

P1100748.jpg


カンパーイ

P1100737.jpg

講演後に宿泊することが多いのですが、
今回は講演が朝早いので前泊

講演前の日は有美はお酒は控えているのでウーロン茶で乾杯でした


P1100738.jpg



普段、有美のスマホと自分のカメラの2つを撮るのが忙しく
いつもは登場しませんが、この日は嬉しい誕生日なので
パチリ!記念撮影♪





P1100741.jpg

ビュッフェで、お待ちかねの伊万里牛ステーキ!



美味しいー(^O^)/
P1100742.jpg




お誕生日のプレゼント
考えた末、時計にしました!
講演用でね、車イスの手すりにつけられるように♪



あとは彼女が大好きなふなっしーのタオル

P1100749.jpg

めちゃめちゃウケてた(笑)


よく講演会の質問タイムで
「あみちゃんの夢は何ですか?」
と聞かれてます


そんな時は
「声優など声を使ったお仕事に就くことです」とか
「一人暮らしをしたい」とか
「免許をとって車を運転したい(このような障害でも運転できる車があるんです」とか答えていますが、
私はひそかに
「一番はふなっしーに会うことでしょ!」
と心の中で突っ込んでます(笑)



地方だし、講演会前だし(生モノや脂っこいモノはなるべく避けるようにしてるから)
思うような豪華なパーティーはしてあげられなかったけれど、
喜んでもらえてよかったです(*^^)v




         



本当は福岡の名物とか食べたりできるお店のほうがいいかな~とも思い、
車イスでも入店できる地元のお店を探したり、
福岡にある佐野家の親戚が営む居酒屋さんとかも考えましたが
地元でいいなって思うお店は店内がちょっと狭いんですね(-"-)
もう何回も地元の物は食べたし、翌日に控える講演会に備えて
早目に休ませたかったので宿泊先のホテルのレストランに決めました。
ホテルのほうが豪華っぽいしね☆☆☆
(ここはランチで一度入ったことがあったし、
電話でも確認して車イスが入りやすい席を予約出来たので)



そんなこんなで楽しいディナーを過ごしました



腕時計の写真がなかったので、講演会で見てくださいね!
車イスの右の手すりのタオルの所に
可愛いゴムで挟んでますからね☆







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。