生きていれば
(株)Mプランニング社長のブログ
プロフィール

エムプラ

Author:エムプラ
講師紹介/企画・編集・執筆依頼(株)Mプランニング 代表取締役 藤本美郷のブログ *佐野有美をプロデュース【障害者のバリアフリー・就職相談/出版企画アドバイザー】○講師になりたい!本を出したいという方、お気軽にどうぞ♪    www.m-plan.net 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り弁当
4月10日はインタビューや講演など盛りだくさん

ちょうど有美はお昼に東京駅に着くので東京駅中か周辺で昼食にしようと思っていました。
ところがこの辺のお店は店内が狭く車椅子だと結構大変
そこでお昼はコンビニかどこかで買ってインタビュー前にさっさと食べることに。


とはいえ、前日に考えました

・コンビニは毎度毎度
・有美(も私も)お昼ゴハンを楽しみにしてる
・講演の時は仕出し弁当が多い

ということで、急きょお弁当を作っていくことに



とはいえ、彼女と出会ってから一度も手作りの物をあげたことはありません。
忙しいし、食中毒も気になるし


有美は久しぶりの取材でインタビュアーが京谷さんということもあり、結構緊張もしているみたい。
なので緊張をほぐすのとサプライズとしてかわいいお弁当でテンションをあげてほしいなって


とりあえず、彼女の好きな筑前煮は必須で、あとはキャラ弁にしようっと


前日はなんだかんだと多忙で仕事終わりが27時頃
深夜に作り始めないと朝だけだと絶対に間に合わないと判断
まず筑前煮に取り掛かり完成♪いったん仮眠して朝6時から再開
午前中仕事して迎えに出なければならないので大急ぎで仕上げました(あせりまくり)



喜ぶかな~
ワクワク


お弁当持ってきたよー

ええー?ホントに!?手作りですか?



じゃん


P1100813 - コピー

キャーかわいい\((^O^))/

P1100817 - コピー
いただきま~す♪

タコさんとカニさんウインナーもあるよ

自分のとスタッフのも作りました。竹の皮とかね
それぞれキャラに合うようにしましたの

P1100816 - コピー
手前のおにぎりは自分ので、余った鮭とタラコとゆかり、全部入れちゃったの(笑)




かわいいパンダちゃんとネコちゃん♪(あみ)

いや、それキツネでしょ(マネージャー

ぷぅー(;O;)ネコちゃんだもんねー(藤)



会話も弾んでみんなで美味しい美味しいって食べました
(子供だまし的なメニューでたいして美味しくなかったけど



でも、取材直前にはやはり不安だったのか、質問内容を確認、私たちとシュミレーションをして
万全を期しました。


そんなこんなで、手作り弁当でテンションは上がったものの時間切れ
「残りのネコちゃんオニギリは帰りに食べますネ(*^^)v」
ということで、しっかり保冷されたひえひえのバックの中にin
(最悪お昼ごはん食べる時間がないかもと思い、夕方過ぎでも食べられるように
保冷剤と保冷バックを重ねて厳重に持っていきました)



交流会では食べ物を口にしなかったので夕食を購入したほうがいいかな、と思ったら
「あのおにぎり食べるから大丈夫です♪」と
結局、帰りの新幹線を待っている間に

P1100938 - コピーP1100939 - コピーP1100940 - コピー
あやかちゃんに悪いなぁ~ とうちの子にも気遣ってくれました(家では絶対にやらないし)



実は、こう見えても(どう見えるのか?だけど)キャラおにぎり作り(海苔を切るの)はすごく好きなんです、私☆


それにしても頑張った甲斐がありました(*^^)v
喜んでもらえてよかったー



        


講演にお呼びいただくと、時には地元名物などがたくさん入った超豪華な仕出し弁当などを
ご用意いただくこともあります。ですが、講演前なので有美もそんなに量は食べられません。
それに残しても申し訳ないですし(-"-)
また、事前に「お弁当をご用意しますが好き嫌いはございますか?」
と質問を受けますが多大なお心遣いは必要ありません。
(有美はサラスパとハンバーグとかが好きだし、私は海老とカレーが好きだし
うちのスタッフで有美の担当はお酒が好きだし←あっ、関係ないか 笑)



主催者の皆様には笑顔でお迎えいただくだけで
幸せなのです
















スポンサーサイト
3月
こんにちは

早いもので3月に突入しましたね


1月2月と本当にいろいろなことがありました


随時ご報告を、と思いつつアップをしていなかったので
日々の出来事を載せつつ振り返っていきたいと思います


先週は少し暖かかったですが
また寒さが戻ってくるようです



みなさん体調崩しませんように






6月も無事に終わりました
今日から7月

今年ももう半年が過ぎましたね
本当にあっという間でした


多忙だった6月も
無事に終えることができ
ホッとひと息です



講演会と取材・執筆などの編プロ関係、
会社の両輪が非常に活発でしたので
喜びとともに、体調がすぐれない日もあり
季節の変わり目は無理し過ぎずに
体をいたわらないといけないなぁ、と思った6月でした




ご報告としては佐野の講演について
昨年は6月に講演のご依頼がなかったので
昨秋にかけて集中的に営業したのが功を奏し、
佐野だけでこの6月は10回以上の
講演会を行うことができました




中には講演会の準備の段階で、
あるいは当日にトラブル発生したこともありましたが、
皆がケガもなく無事に過ごせたこと、
そして多くの皆様に喜んでいただける講演会になったこと、
嬉しい成果に胸を撫で下ろしています


(トラブル=頼んでいた介護タクシーが
時間通り来なくて会場まで歩いた。
紹介会社の方に「階段は昇降機があるから大丈夫です」
と言われたが、本人を乗せる機械だけで
電動車いすは人力であげることに……)





個人的な仕事では、書籍が大詰めになり
最終的なチェックをしている、
また新刊の書きをどんどん進める(早くやらないと)、
そして、雑誌の取材(する側)で非常に気を使っている
などなどです




ゆっくりとパソコンを打つ時間がなかったので
7月は特に執筆に身を入れ、
編集者の皆様にご迷惑がかからないように
頑張ります!!





さあ、7月も張り切っていきましょう!!







余談ですが……
実は私にとって6月は鬼門
昨年は父を亡くし、トラブルはなぜか6月に
発生するという
特に気にしていませんが後から考えると
毎年6月に問題が起こっていました

でも会社を立ち上げたのは6月
有美の歌手デビューも6月

いい事もたくさんありましたね













桜満開
一昨日、東京は歴代2位という早さで桜が満開を迎えましたね。

テレビでは満開の桜を楽しむ多くの方の姿が映し出されています。
今年はアベノミクスの影響か、少々高めのお花見弁当が売れているのだとかうらやましい~


週末は出張で平日は執筆で部屋にこもっているため、
なかなかお花見には行けそうにありませんが
移動中の車窓から眺める桜に、しばしの安らぎを与えられています


しばらくブログの更新ができませんでしたが、
楽しいこと、大変なこといろいろな出来事がありました。




最近でいえば、所属している有美(電動車椅子に乗っています)に
同行したときのこと。
電車の駅から空港へのエレベーターが点検修理中でストップ!?




急ぎスタッフが空港案内に問い合わせると、

「空港内ではないので、駅にお聴きください」



ああ、そうなのね。また駅に戻り窓口の人に尋ねようとすると、

「あそこで案内している駅員に聞いてください。
切符売り場の前の人ね」



はいはい、急いでるに……




「あなたに聞いてくださいって言われました」

「ええっ?わたしにですかぁ??」

「ええ。他にエレベーターはないのですか?」

「ここしかエレベーターはありません」(キッパリ



ええええっ??
空港に入れなければ飛行機に乗れないじゃないのよ!?
羽田ってこんなに不便だったのォォォ!?!?
これから講演行くのに!!!


まあ、焦りまくりました(苦笑)


特に電動車椅子での移動では制約が多くリスクも高い。
わかってはいることながら、ふたたび実感させられました。


このような突発的なこともあり、
「事前にバリアフリーは確認済みだから安心、安心~」
なんてのんきなことをいていられないのです。


*   *   *   *   *

様々なことを振り返りながら、また新しいことはピチピチ新鮮なうちに
アップしていくことを目標とします(笑)




講師選びは慎重に!!
インフルエンザが流行していますが
みなさんは大丈夫でしょうか?

ここ2日位全国的に暖かかったようですが
明日からまた気温が下がり
雪になるところもあるようです
電車が止まってパニックだったし
慣れない雪道で転倒してケガする人も
多かったですよね
気をつけて過ごしましょうね!




さて、話は変わりますが
講演会に行ったことある人は多いと思います
私もいまでは講演会の講師を紹介したり
ステージに上がることもありますが
かつては聴衆側でした



お目当ての講演会
入口で講師のプロフィール入りのパンフレットを
もらって入場


さて、どの席がいいかな~
あまりまわりに人がいないほうがいいから、
中央じゃなくてもいいかなぁ


席はここらに、と。

あらっ、このイス、座りやすい♪
でも、フカフカしてるとお尻はいいけど
眠くなっちゃうのよね


さあ、さっきのパンフに目を通しましょ。


「あらっ、こんな活動もしてる方だったのね」
「年齢近いんじゃない!?」
「ふーん、へえ~」


などなど、知らなかった情報が。



また10分ある?
これから1時間あるからね、
始まる前にトイレ、トイレっと




そろそろだわ


ジリジリジリジリ


開演合図のベルね


ワクワク(^^)



「みなさまお待たせいたしました。
それでは講演会を始めさせていただきます
今日の講師の先生は」



あっ、登壇した!!




「うんうん、そうよね」
「苦労したのね、グスン」
「すごーい、前向きだわ」
「あっ、そんな考え方もあるんだ!!」
「謙遜しちゃって~」
「尊敬しちゃう」
「自分も頑張んないとなぁ」
「そうそう、当てはまるなぁ」



などなど、感動したりためになる講演会に行った後は
ついついその帰りに寄り道してみんなと
一杯ひっかけながら(私はあまり飲めないけど)



「今日の講演会さ、よかったよね~」

なんていいながら、感想を言い合って、
誰もが饒舌になってすごく盛り上がります♪





それとは反対に、

最初こそ、

「それで?」
「だから?」
と次の話に期待をもって聴こう思うんだけど
全然わからな話ばっかり……



「ふーん」
「あっそう」




んん、自慢だけでこの話、終わり???



何を言いたいのかなぁ……



「……」



あれっ、お隣さん寝てる?
えっ、前も?
あれれっ、後ろも??

まわりみんな船こいでるじゃないの!?




でもなんだか気持よさそう
なんて言っている場合じゃない
自分にも睡魔が襲ってきた!!




こうなると話を聴こうっていうどころじゃない
とにかく起きてなきゃって必死で
話なんて耳に入らない
必死に目を開けるも瞼は容赦なく瞳を覆っていく……




「では、いま一度大きな拍手をお願いいたします!」


あっ、終わっちゃったのね


なぜ、眠くなってしまのか?
考えてみました


・全然自分とは関係ないことばかりの内容
(これは事前にある程度予想がついているので
自分の予想とかけ離れている場合が多い。
とはいえ、思った内容と違っても上手に
話す講師もいるけれど)

・自慢話に終始する
(やっていることはいいからもったいない)

☆聴衆が聴きたいことを話さない
(自分が言いたいばかりだと弁論になってしまう。
講演は聴衆のことを考える)

・わかりにくい構成
(自分は頭の中でわかっているので
知っていて当たり前、で話を進める。
初めて聴きにきた人はわからない)

・声に強弱がない
・表情がない
・聴き取りにくい話し方
・単に話が下手




等々、原因はたくさんあると思います。



それは講演会への期待度が高いほど
残念感も高いもの





よく講演会を主催された方から

前回は、
「会場が埋まらなかった(満席にしたい)」
「高い講師料を払ったのに
つまらなくて寝てしまう人がたくさんいた」


こんな声が聞こえてきます。


これは、実は有名人、著名人など、名前だけで
講師選びで失敗してしまったパターンです。


有名人でも、講師としての実力はさまざま。
逆に全国的には無名でも講師として
引っ張りだこの方もいらっしゃいます。
また、特に肩書きはなく講師としての経験は浅くても
人生経験が豊かな方の話は、胸に響くものがあります。



会場を満席にするには圧倒的に前者(名の通った人)
の勝利でしょう。
無名な方の場合、人を集めるのは大変だと思います。
でも、本来講演会の成功は講演を聴いた人たちが


「ああ、今日は来てよかったなぁ」


と思っていただける、そんな講演会ではないでしょうか?



ただ会場を満員にするためではなく、
足を運んでくださった方が笑顔で家路に着いてほしい、
と頑張って広報されて会場をたくさんのお客様で埋めた主催者様を
たくさん知っています。



講演会を主催するとなると、
連絡調整に準備と労力をかけています。
高い値段でも、お手頃値段でも、
せっかく講師料をお支払いをして講師の先生に
来ていただくのですから、
主催・講師・聴衆、関係者全員が
「よかったね」と満足するような講演会にしたいものです。





くれぐれも講師選びは慎重に





あらっ、講演会のこと、
別のことを書こうと思っていたのに(苦笑)
それは次回ということで。。。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。