生きていれば
(株)Mプランニング社長のブログ
プロフィール

エムプラ

Author:エムプラ
講師紹介/企画・編集・執筆依頼(株)Mプランニング 代表取締役 藤本美郷のブログ *佐野有美をプロデュース【障害者のバリアフリー・就職相談/出版企画アドバイザー】○講師になりたい!本を出したいという方、お気軽にどうぞ♪    www.m-plan.net 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京谷和幸さんインタビュアー
みなさんは京谷和幸さんをご存じですか?

元Jリーガーで車椅子バスケットボール日本代表としてパラリンピック4大会連続出場という
輝かしい経歴の持ち主です。
現在は引退されて、講演活動をはじめ(株)インテリジェンス(総合人材サービス業)提供の障がい者専門人材サービス事業にて、自身の経験や視点を生かし、企業や個人に向けたアドバイスを行う"障がい者リクルーティングアドバイザー"としても活動されています。


京谷さんについてですが、1993年、交通事故で脊髄損傷で車椅子生活に。
その翌年、車椅子バスケットボールに出会い不死鳥のように復活
車椅子バスケットボールの選手として活躍、成長していく姿を追ったドキュメンタリー番組を何度か目にしていました。
当時からドキュメンタリー番組をよく観ていましたが、中でも京谷さんのことはすごくよく覚えていました。


なぜなら、当時、私は車椅子バスケットボールを知らず
テレビを通して初めて見た時、その激しさに目を覆うほどでした。選手同士車椅子ごとぶつかっていき、何度も床に叩きつけられる姿が画面に映し出されました。その度に激しい音が耳に響き「ケガしない!?」
「転んでも自分で起きられるんだ!!」と驚きまくっていました。

また、この時に「どんな困難に見舞われても人間は必ずどこかで復活・活躍できる!」と強いメッセージが脳裏に焼きつきました。


その後、ライターとしていつか京谷さんを取材をしたい、と願いつつ結局、願いは叶いませんでした。


そして年月を重ね、今回京谷氏側から佐野有美へのインタビューのオファーがあり、
事務所的には即OK。
有美と共に実際にお会いすることができました。

P1100829 - コピー

京谷さんはものすごく真っ直ぐな視線で有美を見つめながら、質問をしていました。その曇のない澄んだ瞳で見つめられる有美は、途中はにかみながらも素直な気持ちを語っていました。


この様子は株式会社インテリジェンス 障害者の転職を成功に導く求人・転職サービス DODAチャレンジ
障がい者のための求人・転職サービスのサイトの中のチャレンジャーで掲載される予定です。
(掲載日は後日連絡がきます)


お世話になった皆様ありがとうございました。


P1100857 - コピー

東京駅、丸ビルの中にある(株)インテリジェンスの社屋にて。とても眺めのいい場所でのインタビューでした♪
(こんな素晴らしい事務所があったら24時間仕事してしまいそうです!笑)




        



佐野のインタビューでしたが、一緒に写真を撮らせていただきました♪(ムフフ

P1100871 - コピー
顔が緊張しちゃった(笑)



この日、京谷さんにお会いしてからいろいろな事を思い出しました。

私はフリー記者の時代からハンディを抱える人を雑誌の記事にしたり、講師として紹介したり、
書籍などの企画をしてきました。


ハンディのある方への取材はナイーブで難しく、
当時は「障害者への取材・執筆は細心の注意を払うこと」と
ある意味当たり前なことなのですが、ともすると差別ともとられかねない諸注意がありました。
(ある団体から「障害者を食い物にしている、訴える」と脅されたことも……)
記事をご本人とご家族はすごく喜んでくださってもこのようなこわーい電話がかかってきたり……



しかし、苦難を乗り越えて素晴らしい生き方をされている方々を紹介し世に知られることで
「人生が好転した」「生きる希望になった」と言われたり、
手を握られ涙を流しながら感謝してくださる方など様々な出会いがありました。
中には病魔に襲われ余命宣言されていながらも最後まで希望を持ち「一緒に頑張りたい」という方も――。


そんな出会いと絆が障害者支援という難しい職の土壌を創り上げてくれました。
そして、何よりも人の役に立つ仕事が出来るという喜びと誇りが、
ハンディを抱えた方を全力でサポートしていくという強い意欲と継続へ導いてくれたのです。



また、ハンディがあっても前進し続ける人々の存在を身近に感じることが、
平坦ではない道を歩み続ける原動力にもなっています。
まさにテレビで見た京谷さんの存在やパラリンピックの選手の佐藤真海さんや川合純一さんがそうです。
(佐藤さんは彼女が大学4年生の時に取材をしたことがあります)



そして、何をおいても乙武洋匡氏の存在を忘れることはできません。
佐野がまだまだ無名だったときには、「乙武さんご存じですか?」
と切り出すと、誰もが「知っています」と答え、同様の障害のある子だと話すと
みなさんすぐにわかってくださいました。
(「手と足がなくて」と説明しても理解に苦しむでしょう)


24歳となった佐野有美も知名度が上がり、まだまだ勉強中ながらも全国から講演のご依頼も
たくさんいただけるようになりました。
佐野が多くの皆様にご支持いただけるのも、障害者に対しての理解が十分でない中、
乙武洋匡氏が切り開いてきた道があってこそだと感じています。



有美を身近で支える一人として、迷い苦むこともたくさんありました。
そんな時、乙武さんに相談できたらなぁ、と思ったことも一度や二度ではありませんでしたが、
時と共に有美も私も成長し、お互いいいパートナーとして仕事に取り組んでいます。



京谷さんとお会いできたように、きっといつか乙武さんとも
お目にかかれる日がくるかと思います。
今から楽しみです☆
























スポンサーサイト
出発
おはようございます。

とてもいいお天気になりましたね
よかったよかった☆
でも、空気が冷たくだいぶ寒く感じます(-"-)


では、佐野有美の福岡講演に向けて出発します!


久しぶりの飛行機なので、有美もテンション


では、いってきま~す♪




飛行機
明日は空路での出張
福岡まで行ってきます


佐野有美の講演会同行なのですが、
どうも天候が荒れているので飛行機揺れるかも……


これまでも飛行機が結構揺れたりした事もあったけれど本人は
「ジェットコースターみたい!」
と、怖がりません


(本物のジェットコースターに乗せてあげたいけど、それは無理なのよねぇ……
だからちょっと気分を味わってるのかな



明後日(もう明日)は有美の誕生日なので、
今日仕事の合間にプレゼントを買ってきました
これまではピアスとかネックレスとか装飾品が多かったんだけど、
やっぱりここは実用品がいいかな、って

うふっ、まだナイショ



明日、比較的ゆっくりな時間だと思ったけれど
そうでもなかった(汗



というのは、航空会社から「最低でも1時間半前には手続きしてください」
って言われているので、空港には搭乗の2時間近く前には
到着するようにしています



そして、手続きするときに電動車イスから空港専用の車イスに乗り換えます



電動車イスだと貨物室に乗せるのでその支度とかで
早めに手押しの車イスに乗り換えないといけないみたい



飛行機は、結構時間がかかるんです
飛行場にいる時間は長いんだけれど、乗っている時間は短いっていう(苦笑)




全国、いろいろな交通機関を使っているけれど
電動車イスの場合、すごく制約が多くて非常に大変




飛行機でも電動車イスが乗せられない(貨物に入らない)ので
乗れる機種が決まっています(小さい飛行機はNG)



電車でもドアが狭いから乗れない、
到着駅に階段しかないから乗れない
乗り換え時間が少ないから乗り換えできません
等々



電動車イス移動って一筋縄ではいかないっていう……



有美はほとんど仕事での移動なので切符の予約、手配、確認は
事務所ですべて手配しているのだけれど
一般の人が電動車イスで移動するって大変でしょうね……





ハード面はすぐに変えることはできないかもしれないけれど
ソフト面では是非ともお客さんの立場に立ってほしい!
と切に願う今日この頃です










桜前線
こんにちは

各地でいよいよ桜が開花しましたね
東京もこの土日はきっとお花見日和になるでしょうね

3月は年度末ということもあり何かとバタバタしているうちに残すところあと3日!
えっ、もう??っていう感じです(~_~)


            



今月の佐野有美の動きとしては、講演が5回ほどありました。
実は2月から3月にかけて、彼女のお姉さんの結婚式をはじめお友達の結婚式ラッシュで
土日を講演会にあてることができませんでした。



思い返せば、ん十年前(記憶も薄れるくらい大昔ー笑)
自分も23歳から24歳にかけて結婚式ラッシュだったなぁ~
結婚式は嬉しいけれどお祝い、二次会の会費、他にもプレゼントをあげたり、
ドレスを新調したり美容室に行ったり、結婚式は嬉しいけれど結婚式貧乏に
なってた、そんなことを思い出しました
今じゃ、冠婚葬祭でもお別れのほうが多くって(苦笑)



貧乏だろうが、何だろうがやっぱりお祝いはいいわ~(^v^)
この年齢になるとお祝いっていっても結婚式じゃなくて
親の喜寿やら、身内の米寿やらですね
でもうっかりしてると自分の還暦祝いが近づいてきちゃったり(苦笑)


やっぱり結婚式は人生のスタートでもあるし
華やかでいいですね






話が脱線したけれど、今月、歌のご依頼があったのは
三重県松阪市役所・松阪市障がい者地域生活支援啓発事業「ともに生きるつどい」で
トーク&コンサート、こうべユニバーサルデザインフェアでした。
コンサートなどで歌う場面が多く本人は少々緊張していました



とはいえ、ステージに上がると、本来の笑顔が戻り、
お客様とのフリートーク的なところが驚くほど上手になり、
会場をいい雰囲気にすることができていました♪



歌はまだ講演に比べて場数がそれほど多くないこともあり
どうしてもリハーサルではカチコチに緊張してしまうのですが、
本番では会場の皆さんの手拍子に後押しされるよう
声に伸びも張りも出てきて、いい緊張感の中で歌唱することができました




今月は続けて2回歌唱がありましたが、どちらの会場でも歌を聴いた方がハンカチで涙を拭う姿が見られました。
歌で人の心を動かすというのは、非常に難しいことです。
もちろん彼女の詩はメッセージ性の高い歌なので心に響く歌詞には違いありませんが、
本人が懸命に歌っている姿と歌声は言葉ではいい表せない感動があると思います。




生きていればあらゆる困難が待ち受けています。
皆、そのような局面を切り抜けてきたからこそ、(または真っ最中だからこそ)
彼女の笑顔の裏にある困難や努力をおもんばかって
その歌声に涙を流されるのでしょう。

 

ご来場くださった皆さんにとっても楽しくていい時間になったようで
こちらも嬉しかったです(*^^)v



時間が許せば、各会場でのオフショットなどもアップしたいと思います☆


※CDがご好評で売れ切れでした。
CDをご所望された方にその場でお渡しできなかったのは残念ですが、
皆様には佐野有美サインカードを付けてすでに発送させていただきました。
(本来サインカードは弊社のHPからご注文の方に限っています。
数に限りのあるものなのでお得なんですよー♪)




有美の3月講演は明日が最終、今年度最後となります。
ではでは、張り切って行きましょー♪



【情報です】
明日、3月29日(土)は三重県桑名市精義地区社会福祉協議会「支え合い町づくり講演会」 
会場:桑名市総合福祉会館 14:00~ 地域住民一般300名
とても暖かくなりそうです。お近くの方はお花見を兼ねてでもいいので
ぜひ有美に会いにきてください(*^^)v





寒さに負けず

毎日寒い日が続いていますが
風邪など引いていませんか?
インフルエンザやノロウイルスなども
流行していますのでお気をつけてお過ごしくださいね


明後日は富山で、佐野有美の講演会があります。
雪も降っているようで寒いだろうな、
と今からブルブルしています




新年を迎え滑り出しも良く
2014年がスタートしました


この時期はとにかく体調を崩さないように
気をつけましょう!!











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。